愛の戦士(サイボーグ軍団編)

目次
Introduction
高樹蓉子の出演場面
強い女幹部のサイボーグは誰?
長沢大について
その他

Introduction

このサイボーグ軍団編の前半では死ね死ね団の女幹部4人のうち、キャシー(高樹蓉子)、ダイアナ(山吹まゆみ)、ロリータ(皆川妙子)がボーグ博士(長沢大)の手によってサイボーグに改造されたが最終的には、レインボーマンに倒される。ドクターボーグはボーグアルファを開発し、それによって多くの男がサイボーグ化?される。中にはカマキリと融合しカマキリ男までできた。オルガ(藤山律子)もこのボーグアルファを用いてレインボーマンに挑んだが殺されてしまう。
このほかにもイグアナ(塩沢とき)の母のゴッドイグアナ(曽我町子)も登場するが、死ね死ね団とは同じレインボーマンを敵にしているにもかかわらず死ね死ね団とは敵対していた。東京周辺では良く現れるが、九州のボーグ工場周辺にはなぜか現れなかった。このゴッドイグアナもイグアナと同じく魔力を使い、分身のバッドシスターやミイラシスターを作り、レインボーマンを追い詰めるのだがやられてしまう(バッドシスターはロリータに殺されるが) 。ついにゴッドイグワナは最終回でレインボーマンに打ち倒される。
最後にレインボーマンはミスターKを追い出すことができ、日本に平和は戻ったが、ミスターKが死んだかどうかはわからない。

高樹蓉子はこのサイボーグ作戦で4話出演するが、それぞれを紹介したいと思う。

高樹蓉子の出演場面

40回目
Xゾーン作戦は失敗したがミスターKは女幹部4人を呼び出し、キャシー、ダイアナ、ロリータにアフリカのドクターボーグのところでレインボーマンを倒すための訓練を受けるように命令を下した。オルガは残ったDAC隊員と共にダイヤモンドを盗むよう命令した。それは世の中にあからさまにして堂々と盗むことだった。
アフリカの基地に来たキャシーらはドクターボーグからサイボーグ手術を受けるようにミスターKから命令を受けていた。最初にキャシーがサイボーグ手術を受けることになった。それによってキャシーはサイボーグとなった。200億のダイアモンドを盗んだ後、サイボーグになったキャシーが登場した。彼女は小型ナイフを投げレインボーマンを苦しめた後、飛び上がり、キックを加え、右足から機関銃を発射してレインボーマンを負傷させた。最後はアイビームによってレインボーマンを殺す直前まで追い詰めたが、そこへイグアナの母のゴットイグアナが現れた。

 サイボーグ手術を受けるキャシー

41回目
サイボーグになったキャシーやゴッドイグアナに苦しめられたレインボーマンは何とか逃れることができた。キャシーはレインボーマンを殺せなかった悔しさから机を壊した。このときオルガから非常に冷たい言葉で「あなたは並の人間じゃないのよ。」と言われ、キャシーは悲しくなり、黒い油の涙を流しながら「そうよ。私は人間サイボーグよ。この涙を見て、機械油よ潤滑油なのよ。首から下は人工皮膚、人工の血管。人間の血なんて一滴も流れてはいないんだわ。」とてもサイボーグになったとは思えない言葉だった。
オルガはレインボーマンを戦場ヶ原に誘き出した。そこにはキャシーがおり、その後ろにはオルガがいた。キャシーは必死に戦ったが、レインボーマンの太陽フラシュに破れてしまった。その後、キャシーは回収ロケットによって回収される。
しかしこの戦いでレインボーマンは全精力を使い果たし、疲れた。近くにいたオルガはピストルを撃ち、レインボーマンを負傷させた。これによってレインボーマンは超能力が使えなくなる。


 戦場ヶ原に呼び出したレインボーマンと戦うキャシー

44回目
サイボーグになったダイアナやロリータが敗れた後、ボーグ博士はサイボーグ単独でレインボーマンを倒せないと悟ると、キャシーとダイアナ2人でレインボーマンを攻撃するアベック作戦を実行する。このアベック作戦でレインボーマンを追い詰め、倒せる場面まで達したが、念力バリアとダッシュ6でレインボーマンは何とか逃れた。
これによってレインボーマンはダイバ・ダッタ(井上昭文)よりレインボークロスを教わり、キャシーとダイアナはさらに強化されたにもかかわらず、その挑戦を退けた。このとき、キャシーは何とか生き残ったが、ダイアナは丸焦げになった。

アベック作戦でレインボーマンに挑戦するキャシーとダイアナ

45回目
7つのレインボーマンの身体のいくつかを組み合わせるレインボークロスを習得したレインボーマンはキャシーとダイアナのアベック作戦を破った。その後、キャシーは片手をやられるが何とか丸焦げのダイアナと一緒にボーグ基地に戻った。それを追いかけ、ボーグ基地に入ったレインボーマンだが、ボーグ基地の爆発により、奥に入ることはできなかった。
何とかレインボーマンの進入を防ぐことができ、ボーグアルファが不完全ではあるが完成した。そのとき、レインボーマンは基地に進入し、ミスターKはドクターボーグに逃げようと誘ったが、ドクターボーグは断った。結局、ミスターK、ダイアナ、オルガ、ロリータは逃れ、ボーグ基地にはキャシーとドクターボーグが留まった。
キャシーは必殺武器であるアイビームで攻めたが、ナイフで両目をやられた。それでもキャシーは最後の力を振り絞り、アイビームを放つが、結局それはレインボーマンに跳ね返され、爆死する。ドクターボーグも死に、ボーグ基地は爆破された。

片手でレインボーマンの攻撃をする

48回目
オルガが3人のライダーにボーグアルファを打ち、それぞれをキャシー号、ダイアナ号、ロリータ号と名づけ、レインボーマンと戦う。このキャシー号とダイアナ号の2人の男はボーグアルファを打たれた人間にもかかわらずアイビームを放つことができた。

topへ

強い女幹部のサイボーグは誰?

サイボーグ軍団編に入るとキャシー、ダイアナ、ロリータとサイボーグに改造されたが、いつもこれを見ていると誰が強いか考えてみた。正直言って無理尻だが。
武器と言う点ではロリータだろう。彼女の場合は改造前の殺人フルーレがそのまま用いられるのだから(でも殺人フルーレはレインボーマンには通じない)。キャシーやダイアナはそのような武器はない。
レインボーマンとの戦いで善戦するのはやはりキャシーだろう。1回目は殺すところまで追い詰めたし、2回目もレインボーマンに敗れたものの、レインボーマン自身てこずった。アベック作戦の2回目はレインボークロスにより、相手のダイアナは真っ黒焦げになるが、キャシーは攻撃をかわしている。
ロリータとレインボーマンとは1回しか対戦がなかったが、アイビームでレインボーマンを少し傷ついただけで以外にあっさり敗れた。
こうなるとキャシーが一番強いか。


長沢大について

「レインボーマン」でミスターボーグこと長沢大は1971年に「金メダルへのターン」でナショナルチームの鬼監督の役で出演していた。主人公の鮎子役の梅田智子がピンタを食らうシーンで本当にピンタをしたそうだ。最初は厳しく嫌われ者だったが、後でそのしごきが選手の成長を即した事を知ると選手に慕われる非常にかっこいい役だった。
長沢大は1940年長野県生まれで、学生時代にはドラマの脚本家を志望していたが、芝居に引かれ、劇団に入りし、俳優になった。1971年には東京・紀伊国屋ホールのNLT公演「オスカー」で主役を務めている。また、特撮で有名な岸田森と交友関係があり、「レインボーマン」に出る前も「人造人間キカイダー」に出演していた。さらに、1970年には昼ドラマの離れ離れになった夫婦の愛を描いた「あなたはいない」に主演している.。さらには1968年の日活テレビ映画の「喧嘩太郎」にも出演していた。


その他

・ゴッドイグアナが登場して敵味方が非常に複雑になったが、ゴッドイグアナはボーグ基地までは来なかった。なぜか。
・ドクターボーグの金髪のかつらは長沢大がいあがるのを無理やり六鹿監督からつけさせられたとのこと。
・41回目の戦場ヶ原でのキャシーとレインボーマンの対戦はどう見てもキャシーのアイビームの方がレインボーマンの太陽フラッシュより早かった気がする。
・4人の女幹部がいなくなるとやはりレインボーマンも華やかさが無く、寂しさを感じた
topへ

レインボーマンの他のページ
キャッツアイ作戦編 M作戦編 モグラート編 サイボーグ軍団編
死ね死ね団関係       MAIN
出演者
水谷邦久 山吹まゆみ 皆川妙子   平田昭彦
藤山律子


ご意見等のメール


サイトマップ

高樹蓉子HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 高樹蓉子の半生
高樹蓉子との主な共演者集
 写真集 高樹蓉子のビデオ、DVD集 旅の館






主なテレビ作品
INDEX
美しきチャレンジャー
愛の戦士レインボーマン
レインボーマン
キャッツアイ作戦編
レインボーマン
M作戦編
レインボーマン
モグラート作戦編
レインボーマン
サイボーグ軍団編
レインボーマン死ね死ね団
必殺仕置人
狼無頼控
  6回目
  15回目
  18回目
子連れ狼
  第1部19回目
  第2部13回目(39回目)
助け人走る
必殺必中仕事屋稼業
風の中のあいつ
必殺からくり人
大江戸捜査網
  23回目
  37回目
太陽にほえろ!
  30回目
  113回目
男と女と
家光が行く
スーパーロボット レッドバロン
少年探偵団
宇宙鉄人キョーダイン
小さなスーパーマンガンバロン
殺さないで!
大鉄人17
銭型平次
HOME
サイトマップ
主なテレビ作品一覧
映画作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集