大江戸捜査網(MAIN)


主なテレビ作品
INDEX
美しきチャレンジャー
愛の戦士レインボーマン
必殺仕置人
狼無頼控
  6回目
  15回目
  18回目
子連れ狼
  第1部19回目
  第2部13回目(39回目)
助け人走る
必殺必中仕事屋稼業
風の中のあいつ
必殺からくり人
大江戸捜査網
  23回目
  37回目
  隅田和世(57回目)
太陽にほえろ!
  30回目
  113回目
男と女と
家光が行く
スーパーロボット レッドバロン
少年探偵団
宇宙鉄人キョーダイン
小さなスーパーマンガンバロン
殺さないで!
大鉄人17
銭型平次
HOME
サイトマップ
主なテレビ作品一覧
映画作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集

Introduction
大江戸捜査網は1970年10月にスタートし、1984年に掛けて(一部休止期間があり)東京12チャンネル系列で毎週土曜日の21:00から放映された1時間の時代劇番組。これは第1部(1970年10月〜1971年9月)、第2部(1972年4月〜1973年3月)が日活製作だったため、その頃、高樹蓉子は日活所属だった関係からこの番組への出演となった。出演回は今のところわかっている範囲では、第1部の23回目「大金庫をぶち破れ!」と37回目「男の意地」の2つである(第2部は今のところ不明)。
彼女の役は23回目が大店の米問屋の娘のおうの、37回目が高級旗本の娘の宮でどちらも琴を弾くお嬢さん役だった。
隅田和世の「大江戸捜査網」の出演作品は「大江戸捜査網−隅田和世」で述べる。

 大江戸捜査網23回目 大江戸捜査網37回目
     23回目より                 37回目より

番組の構成(1部、2部)
時は老中の松平定信の時代で、世の中の悪を正すために、隠密同心を取り仕切る旗本寄合席の内藤勘解由(中村竹弥)の密命により隠密同心の十文字小弥太(杉良太郎)、井坂十蔵(瑳川哲朗)、小波(梶芽衣子)が探索し、悪を切り捨てる(この内容を見ると、狼無頼控に似ている)。
中村竹弥:内藤勘解由役で元々は幕府の要職に就く身だが、遊び好きのためお役御免になった。松平定信とは友人で、4000石の旗本であるが、定信の意に従い、隠密同心に指令を発する。
杉良太郎:十文字小弥太役で隠密同心。情け知らず。
瑳川哲朗:井坂十蔵役で隠密同心。情けにはもろい。
梶芽衣子:芸者の小波役。主に内藤勘解由の命を小弥太と十蔵に伝える隠密同心。
その他のレギュラーもしくはセミレギュラーの出演者として山猫お七(岡田可愛)、お七の母親で居酒屋を経営しているお上に白木マリ、町方の同心に深江章喜、三ッ木清隆などがいた。

当時はこのような主役が単独でない時代劇は非常に斬新で、痛快だったため、12チャンネルの中ではかなりの稼ぎ頭だったようだ。このため、日活が路線変更をし時代劇の撮影をやめた後でも、三船プロで継続的に撮影が行われ、1992年まで続く事になる。

その他
・この番組は時代劇にもかかわらず東京で撮影が行われた。「子連れ狼」でも述 べたように、東京の時代劇の撮影できる場所はその当時3箇所程度しかなく、 どこも満杯の状態で、スタッフもかなり苦労して撮影されたと思われる。
・日活はこの当時としてはヒット作品ではなかったろうか。
・番組の主要なスポンサーは日産自動車だった。「大江戸捜査網」の始まる前、 土曜日の夜に時代劇が無く、しかも当時日産自動車の宣伝部長が時代劇好き で、「土曜日の夜に時代劇が無いのは寂しい。」と言うことでこの番組ができた。
・この番組の監修は「レインボーマン」の原作者の川内康範である。
・この番組に主演している杉良太郎はこの番組の開始した頃は、「水戸黄門」でも助さん役で掛け持ちしていた。
・1970年6月10日の『サンケイスポーツ』によると、ケーシー高峰、堺正章、大友柳太朗も出演することになっていたがどうなったのか。
・1部ではほぼ全メンバーが出演する回が多かったが、2部になると全メンバーの出演が難しくなり、90回目の様にレギュラーが1人の場合があり、ゲストに重点が置かれた。

HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 サイトマップ
高樹蓉子との主な共演者集
 高樹蓉子の写真集
 
高樹蓉子の半生 高樹蓉子のビデオ、DVD集
旅の館