殺さないで!

主なテレビ作品
INDEX
美しきチャレンジャー
愛の戦士レインボーマン
必殺仕置人
狼無頼控
  6回目
  15回目
  18回目
子連れ狼
  第1部19回目
  第2部13回目(39回目)
助け人走る
必殺必中仕事屋稼業
風の中のあいつ
必殺からくり人
大江戸捜査網
  23回目
  37回目
太陽にほえろ!
  30回目
  113回目
男と女と
家光が行く
スーパーロボット レッドバロン
少年探偵団
宇宙鉄人キョーダイン
小さなスーパーマンガンバロン
殺さないで!
大鉄人17
銭型平次
HOME
サイトマップ
主なテレビ作品一覧
映画作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集
  
         
         殺さないで出演時の写真(左から2人目が高樹蓉子)

Introduction
これは1975年1月〜3月東海テレビと円谷プロが製作した昼の15分ドラマ。フジテレビ系列で放映された。高樹蓉子は同じ昼のドラマでこの2つ前に放映された「怪奇ロマン君は待てども」にも出演している。
「殺さないで」の高樹蓉子の役は主人公の安西朝子(長内美那子)の妹の知佐子。ある雑誌社の編集者として勤めていた。
「殺さないで」はハンサムな伊丹英(川地民夫)という 男をめぐり姉と妹とが争う。父親が死亡し、孤独になった姉の朝子は「殺される」という亡想を抱く。
(このテレビドラマは見たことが無いため、当時の『テレビガイド』及び当時の新聞記事を基に書いた)

主な出演者
長内美那子:安西朝子役。33歳まで独身で、父親の金融業を手伝っていた。知佐子の愛人だった伊丹英と結婚するが、知佐子の妊娠を知り、伊丹を疑う。
川地民夫:伊丹英役。青年実業家で今まで好きだった安西知佐子と別れ、姉の朝子と結婚するが、最後は知佐子の妊娠により朝子に疑われ、朝子に殺意を抱く。
小栗一也:安西将平役。金融業を営む。知佐子と朝子の父親でもある

あらすじ
ハイミスの安西朝子(長内美那子)はまじめで、父親将平(小栗一也)の金融業を手伝っていた。一方、妹の知佐子(高樹蓉子)は適当に出版社の仕事もし、遊びもする活発な女性だった。
知佐子は愛人の伊丹英(川地民夫)を実家で待っていたが、なかなか来ないので、外へ出かけてしまった。出かけた後、伊丹はその実家に来て、知佐子の姉の朝子と出会った。伊丹は不動産業を営んでいたが、資金繰りに困っていた。朝子が金融業の実権を握っていると知ると、言葉巧みにデートに誘い、300万円の融資を受けようとする。しかし、妹の知佐子との仲を嫉妬する朝子はその融資を断る。
しかし最後は朝子の全財産を伊丹に融資し、伊丹は朝子に結婚を申し込み、承諾した。この結婚に妹の知佐子、父親の将平は猛反対だった。伊丹の経営はまたしても行き詰まり、今度は5000万円の融資を申し込んだ。ここで朝子は伊丹に対して疑念を抱くようになる。
父の将平は伊丹の事業が持ち直した夜、事故にあい死亡した。その死亡の重要参考人として、伊丹が疑われ、逮捕される。しかし彼のアリバイが証明されたため、釈放された。伊丹は次に知佐子に近づく。そして彼らはよりを戻した。この行動に不審を抱いた朝子は知佐子と仲たがいしてしまう。
朝子は伊丹から生命保険がかけられたことを知り、猟に誘われて山道からはぐれたり、ガスストーブの栓が開きガスのにおいで目が覚めたことにより、「殺される」という錯乱状態になった(ストーブの栓は単に知佐子の不注意だった)。
そこで朝子は伊丹との思いを断ち切ろうと、妊娠を中絶したり、金融業を再開しようとした。そしてついには伊丹との離婚を決意する。その後、父を殺した真犯人が捕まった。
これにより、伊丹と朝子はよりを戻したが、知佐子の妊娠を知ったとき、伊丹の疑念が再度湧き、金融事業再開に決定的な打撃となる。さらにその疑いが伊丹の朝子に対する殺意となる。


その他
・「殺さないで」の後、高樹蓉子は1976年まで出演作品が今のところ見つかっていない。どうしたのか。「女優 高樹蓉子の半生」でも書いたように本当に妊娠し、子供を生んだのだろうか。それとも・・・・
・高樹蓉子は長内美那子、川地民夫との共演はそれぞれ「男と女と」と日活映画の「男の世界」であった。

サイトマップ
HOME   リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 
高樹蓉子との主な共演者集
 高樹蓉子の写真集
 
高樹蓉子の半生 高樹蓉子のビデオ、DVD集 西恵子&隅田和世 旅の館