大鉄人17(11回目)


     


Introduction

 
大鉄人17は東映製作の特撮番組で、1977年3月〜11月まで35回放映された。東映と石森章太郎と言えば「仮面ライダー」、「キカイダー01」などの様に等身大ヒーローが主だったが、このとき初めて巨大の特撮ヒーローを製作した。

話の大筋は人類を守るため、佐原博士(中丸忠雄)らは超コンピューターのブレインを作製した。しかし、それは自身自我を持ち、ついには人間を滅ぼすため、次々に巨大ロボットを作りだす。その中の17番目のロボットがブレインと同じく、自我をもち、巨大ロボットに親が殺された少年の南三郎(神谷政浩)とパートナーを組み、佐原博士、レッドマフラー隊と共にブレインによる人類破壊を食い止める。

特筆すべきは東映の作品にも関わらず、今まで東宝の作品に出ていた平田昭彦皆川妙子、佐原健二などの俳優が何人か出演していたということ。この理由として、
・東映自身、巨大特撮ヒーローはジャイアントロボ(1967年)以来制作していないため、外部に頼ったこと。
・数年前に比べ映画会社間の俳優の融通の垣根が低くなったこと。
 が挙げられる。       

高樹蓉子の役
高樹蓉子はこの作品を最後にほぼ引退したと思われる。このためか出演シーンも11回目の最初の部分の2,3シーンだけで少なかった。
役は3人家族の母親で、娘のサチコがいる。たまたまハイキングに出かけたとき、ブレインが作ったロボットが地上に出現し、その衝撃により、娘が崖から滑り落ちた。そのロボットを破壊するため出動した大鉄人17がその娘を見つけ、病院に届ける。
しかしそれにより、17は着くのが遅れ、被害が拡大した。
  

その他
・主人公の南三郎役を演じた神谷政浩はこの作品の5年前に「キカイダー01」の前の作品の「人造人間キカイダー」に光明寺博士の息子でレギュラー出演している。
・17の数字は鉄人28号の28を11引くと17になる。これは横山光輝の鉄人28号を尊敬しているためにそのようにした。


サイトマップ
HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 高樹蓉子との主な共演者集 高樹蓉子の写真集   高樹蓉子の半生 高樹蓉子のビデオ、DVD集  
旅の館



 



主なテレビ作品
INDEX
美しきチャレンジャー
愛の戦士レインボーマン
必殺仕置人
狼無頼控
  6回目
  15回目
  18回目
子連れ狼
  第1部19回目
  第2部13回目(39回目)
助け人走る
必殺必中仕事屋稼業
風の中のあいつ
必殺からくり人
大江戸捜査網
  23回目
  37回目
太陽にほえろ!
  30回目
  113回目
男と女と
家光が行く
スーパーロボット レッドバロン
少年探偵団
宇宙鉄人キョーダイン
小さなスーパーマンガンバロン
殺さないで!
大鉄人17
銭型平次
HOME
サイトマップ
主なテレビ作品一覧
映画作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集