女優 隅田和世のプロフィール

西恵子&隅田和世MAIN  高樹蓉子MAIN   隅田和世TV作品 隅田和世映画作品

                          サイトマップ
                
                        1973年当時の隅田和世

隅田和世のプロフィール
本名:同じ?
出身地:京都府京都市
生年月日:1949年12月15日

生い立ち
1949年12月に京都の下賀茂で生まれた。父は東映の映画監督をしたことのある隅田省二で、母は元女優。高校時代までは京都に住んでいたが、その後、父親の仕事の都合上、東京へ移住した。隅田和世自身、東京よりも京都の方が四季の香りがはっきりして好きだったとか。高校を卒業してからは父親の勧めで、フィルム編集を手伝い、その関係で日活に入社した様だ。

日活で
1968年に入社したが、68年10月から69年6月まで水の江滝子タレント・センターの1期生として学んだ(西恵子、高樹蓉子、青木伸子などは入社してからすぐにテレビや映画デビューを果たしていたが、なぜそのタレントセンターで学んでいたかは不明)。初出演は映画だと思われたが、どうやらテレビのようで、昼のドラマの「新・流氷の女」からのようだ。その後、映画の「涙でいいの」に出演している。
1970年になると、「非行少年 若者の砦」、「盛り場流し唄 新宿の女」などに出演、そのころにはミス・フェアレディーとして日産のCMに出られたようだ。
1971年には「極楽坊主」、「八月の濡れた砂」でそれぞれ新人明記で登場している。この「八月の濡れた砂」以降は日活映画自身がポルノに移管したため、隅田和世自身は日活を離れたのではなく、映画からテレビ事業部に移ったと思われる。その証拠に「大江戸捜査網」の2部(日活製作)では3回出演している(参照は隅田和世TV作品)。1972年の終り頃には日活のテレビ事業部がなくなると思われたので、日活を離れてフリーになったと思われる。

フリーとして
フリーになってからはTV作品を主体にホームドラマの「かあさんの四季」に出演した。この作品では主人公の取引先の会社の社長の1人娘で出演し、主人公の息子とお見合いをする。
その後、「水戸黄門」にゲスト出演し、
キカイダー01」、「ダイヤモンドアイ」にレギュラーで出演していた。他にも三船プロの時代劇等にゲスト出演している。
キカイダー01」で隅田和世はヒロインのリエコとして出演していたが、主演の池田駿介の話として、ビギニ姿になるのが非常にやだったようだ(しかし、1シーンだけではあるが彼女のビギニシーンが見られるが)。
ダイアモンドアイ」以降は、特にレギュラー出演した番組は見られず、主に特撮番組「イナズマンF」などに出演していた。1975年に「破れ傘刀舟悪人狩り」に出演しその後の女優活動は今のところは不明である。
しかし、それ以降は1976年10月号の『家庭画報』で着物のモデルとして出られている(その一部の写真はここ)。

  イナズマンF出演時の隅田和世     イナズマンF出演時の隅田和世
               「イナズマンF」出演時の隅田和世
その他
・お酒類は父親が好きだったせいか少し飲めるとのこと。
・「かあさんの四季」のプロデューサーは隅田和世を非常に評価していたが、欲がないのが玉にキズだと(彼女自身もう少し欲があればもっと色々ないい役ができたのではと非常に残念)。
・隅田和世自身、東京よりも四季がはっきりしている京都が好きだった(さすがは京都出身。同じ京都出身の川崎あかねも同じことを言っている)。

西恵子&隅田和世MAIN  高樹蓉子MAIN   隅田和世TV作品 隅田和世映画作品
参考:ウイッキペディアの隅田和世編
    デイリースポーツ1973年3月23日