主な映画の共演者

樹蓉子の共演者について紹介。男優、女優共によく知られている人がいるが、こうゆう方々はアンダーラインの名前をクリックするとウィキペディア百科事典に通じ、各個人の詳しい内容がわかる様にしてある。アンダーラインの無い男優、女優についてはできるだけ略歴を紹介して行こうと思う。ただし、わからない点もまだ多く、今後調査し改訂していきたいと思う。

橘和子

この女優は現在、巨人、日本ハムで投手として活躍していた高橋一三の奥様になっている。大映で女優をしていた姉の姿三千子がおり、姉の方は1971年に倉田誠と結婚した。姉妹とも非常にきれいな方だった。1966年のデビューで、高樹蓉子との共演は「夜の最前線 女狩り」。私は始め高樹蓉子より年上だと思っていたが実は1歳若かったのには驚いた。


田辺靖雄
内容は田辺靖雄のページに移動しました。

玉川伊佐男
高樹蓉子とは映画で「男の世界」、テレビでは「スーパーロボット レッドバロン」で共演した。「スーパーロボット レッドバロン」では自転車を乗り回す警部役。高樹蓉子の出演回では、にせの小野先生(高樹蓉子)がメカロボであることを見破る。

「スーパーロボット レッドバロン」より右が玉川伊佐男

田村高廣
私の好きな俳優の1人。実直な演技が非常にいい。彼の性格が非常に良く現れている。坂東妻三郎の長男で、大学を卒業後、サラリーマンをしていたが、説得されて俳優になった。高樹蓉子とは「助け人走る(4回目)」と「鮮血の記録」で共演している。


助け人走る(4回目)」で、寝ているのが田村高廣、看護しているのが高樹蓉子

田村亮
1946年生まれ。坂東妻三郎の末の息子。この作品には全回出演していた。遊び人の格好をし、金属板に花札を付けてそれを投げて殺すところが非常にユニークだった。

狼無頼控18回目で

戸部夕子

この女優は1965年に宝塚音楽学校を出て、1年だけ宝塚歌劇に属した。そのときの芸名は泉桜子。その後この名前に変更し、歌手、女優となった。66年に歌っていた「アルプスの少女ハイジ」のジャケットに出ていた顔は非常にかわいかった印象がある。高樹蓉子とは映画では「女の警察 国際線待合室」共演した。この番組で高樹蓉子と直接会ったのは16回目の九州予選大会だけ。高樹蓉子より学年で2年上。




   

HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 高樹蓉子の半生 写真集高樹蓉子のビデオ、DVD集  旅の館

HOME  主な映画作品  主な映画共演者  主なTV作品  主なTV共演者  顔の変遷 顔の変遷