主な映画の共演者

樹蓉子の共演者について紹介。男優、女優共によく知られている人がいるが、こうゆう方々はアンダーラインの名前をクリックするとウィキペディア百科事典に通じ、各個人の詳しい内容がわかる様にしてある。アンダーラインの無い男優、女優についてはできるだけ略歴を紹介して行こうと思う。ただし、わからない点もまだ多く、今後調査し改訂していきたいと思う。

笠原玲子
この女優は大映出身で、1945年生まれ、愛知県の出身。66年の「野良犬」でデビューして以来、映画を中心に活躍した。75年に結婚して引退した。

手前右が笠原玲子、左が高樹蓉子


梶芽衣子

怪談昇り竜」、「野良猫ロックセックス・ハンター」、「新宿アウトローぶっ飛ばせ」等で共演している。テレビでは「大江戸捜査網」。特に「怪談昇り竜」で佐藤允をめぐり梶芽衣子を嫉妬させる場面は面白かった。



加藤嘉

彼の風貌と語り口は独特で、非常に印象に残る俳優の1人である。

彼との共演は映画では「女の警察」「怪談昇り竜」、テレビでは「太陽にほえろ!(113回目)」、「狼無頼控(18回目)で、「怪談昇り竜」、「太陽にほえろ!」では彼女の父親役をやっている。「狼無頼控」では逆に悪役となってアヘン中毒になった大奥女(高樹蓉子)を消そうとした。


「怪談昇り竜」より左から佐藤允、高樹蓉子、加藤


「太陽にほえろ!113回目」より。横になっているのが加藤嘉、中央が高樹蓉子

亀石征一郎

同じく「あしたのジョー」で共演。力石役で非常に重厚な演技が印象的だった。このときの年齢は32歳だった。元々東映の出身で彼の悪代官ははまり役。空手2段の腕前だそうだ。最近は『フライング・タワー』で作家デビューを果てしている。

 

あしたのジョー」より左が亀石征一郎



河合伸旺
この俳優は悪代官役で非常に有名。18回目で高樹蓉子の父親として出演していた。子供は50代になって2人もうけた。


アヘンが切れさ迷い歩くお須磨(高樹蓉子)は父(河合伸旺)が狼の手によって殺されたとも知らず




川崎あかね
別のページを参照


川地民夫

映画では「男の世界」、テレビでは「殺さないで!」で共演した。特に「殺さないで!」では高樹蓉子の恋人役立ったが、彼女の姉(長内美那子)に取られ、取り返す。


郷^治

宍戸錠の弟で、奥さんはちあきなおみ。映画のみの共演で、テレビではなかった。俳優を引退してからはちあきなおみのマネージャーをしていたが、がんのために亡くなられた。


小林旭

石原裕次郎と2分するくらいの日活の看板俳優だった彼との共演作は「やくざの渡り鳥 悪党稼業」「鮮血の記録」など。この中で、「鮮血の記録」は彼の妹役で出演している。

   「鮮血の記録」より右が小林旭、左が高樹蓉子



小松政夫
喜劇俳優の彼は、「あしたのジョー」で共演した。テレビでは「風の中のあいつ」で共演した。「風の中のあいつ」では主人公の黒駒の勝蔵とやくざの争いをし、最後は代官の愛人(高樹蓉子)と代官を勝蔵との争いに巻き込み、鉄砲で殺してしまう。




   

HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 高樹蓉子の半生 写真集高樹蓉子のビデオ、DVD集  旅の館

HOME  主な映画作品  主な映画共演者  主なTV作品  主なTV共演者  顔の変遷 顔の変遷