主な映画作品
INDEX
ザ・スパイダースのバリ島珍道中
あゝひめゆりの塔
夜の最前線 女狩り
女の警察
無頼 殺せ
私が棄てた女
女の手配師 池袋の夜
女の警察 国際線待合室
斬り込み
鮮血の記録
怪談 昇り竜
あしたのジョー
大幹部 ケリをつけろ
野良猫ロック セックス・ハンター
新宿アウトロー ぶっ飛ばせ
男の世界
嫉妬
日本妖怪伝 サトリ
HOME
サイトマップ
映画作品一覧
主なテレビ作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集
斬り込み(1970年)
目次
 Introduction
 主な出演者
 青木伸子の出演場面
 その他
  当時モップスに属していた鈴木ヒロミツの出演
  大浜詩郎の出演場面

Introduction
この斬り込みは沢田幸弘が監督になってからの初作品。渡哲也のヤクザ映画で、無頼シリーズなどと大体話の内容は似通っていた。

話の大筋は川崎に本拠を置く郷田組のヤクザが関東連合会のヤクザを殺したことにより、関東連合会の傘下に入る。それによって郷田組は関東連合会の言いなりになり、ついには郷田組のチンピラ猛(藤健次)が殺され、次郎(岡崎二朗)も殺される。彼らの仲間と郷田組よりも前に滅ぼされた組にいた庄司新(渡哲也)、花井浩(郷えい治)、直人(藤竜也)は最後に関東連合会を滅ぼし、生き残ったのは庄司のみ。

この映画での注目点は青木伸子だろう。彼女の役名は真弓で、岩手から集団就職にでて、勤め先が面白くなく、友人もいない孤独な少女。彼女は郷田組の同じ岩手県出身のチンピラ次郎(岡崎二朗)に恋心を持ち、岩手に戻り一緒に暮らそうと真弓が先に岩手に戻るが、次郎は殺されてしまった。

高樹蓉子は焼肉屋の店員で、在日韓国朝鮮人なのか役名は李京春。1シーンしか出演が無かった。(下の写真)
    

主な出演者
渡哲也:庄司新役。彼の所属していた組は関東連合会に滅ぼされ、妻も殺された。その後郷田組の組長だった郷田政二郎(中村竹弥)に厄介になる。
郷えい治:花井浩役。郷田組の幹部で、直人、次郎らのチンピラを束ね、花井朋子という奥さんがいる。佐伯港運をつぶせなかったため、子分が殺され、関東連合会に反旗を翻す。しかし、それにより奥さんも子分の雅美も殺されたため、庄司と共に関東連合会に殴りこむ。
藤竜也:直人役。花井の子分の1人で、佐伯港運の幹部になったアキラ(杉良太郎)とは小学校が同じだった。最後は庄司と共に関東連合会に殴りこむ。
沖雅也:雅美役。花井の子分の一人。最終的には花井の子分なため殺される。
岡崎二朗:次郎役。花井の子分の一人。岩手県出身で、同郷ということもあり、真弓とは恋仲になる。しかし、花井が反旗を翻したことにより真弓と別れた後、殺される。
藤健次:猛役。花井の子分の一人。母親(初井言榮)と一緒に暮らしている。郷田組が佐伯港運に殴りこみを掛け、失敗したため、関東連合会の幹部の白井(曾根晴美)に殺される。
大浜詩郎:和夫役。花井の子分の一人。関東連合会のチンピラを殺したことにより、警察に出頭する。
扇ひろ子:花井朋子役。花井浩の奥さんで、自宅で小料理屋を経営している。
青木義朗:椿五郎役。関東連合会の大幹部。自分の組のチンピラが殺されたのを脅しにかけ、他の組を乗っ取り、勢力を広げる。関東連合会の会長は松永(小堀明男)だが、実質的には椿五郎が支配している。
高城淳一:植松芳樹役。郷田政二郎(中村竹弥)から郷田組の組長の座を譲り受ける。関東連合会の配下に郷田組がなったため、最後は元子分の花井に殺される。

青木伸子の出演場面
郷田組が関東連合会の配下になったため、花井のチンピラたちは途方に暮れた。このため彼らは彼ら自身で儲ける術を考えていた。そこへ、付き合いの深い酒屋の親父(人見きよし)が来た。彼の店は人手不足なため、女の子を探して欲しいとの事だった。早速女の子を捜すため、ゴーゴー喫茶に入った。そこではミニスカートをはいたたくさんの女の子が踊っていたが、奥のテーブルで一人寂しく座っている少女がいた。(下の写真)彼女こそ勤めていた工場を抜け出した真弓だった。次郎(岡崎二朗)が早速声を掛けた。
   
その晩、李京春(高樹蓉子)の焼肉屋で飲んでいた花井のチンピラ達に混ざって真弓もいた。彼女はもうぐでんぐでんに酔っていて、彼らに勤め先の不満を言った。
酔いつぶれた真弓は花井のチンピラ達の事務所に連れ込まれた。女の子1人とチンピラ4人である、当然彼等は事務所奥の部屋に真弓を寝かせ、真弓を犯そうと試みたが、彼等自身どうしてもその気になれなかった。その後、花井朋子(扇ひろ子)が入ってきた。事務所に女性の下着とハンドバックを見つけた。彼女は奥の部屋をのぞくと真弓が泣いていた(下の写真)。朋子は真弓が彼等に犯されたと思い、朋子は彼等を激しく怒った。
  

真弓は事務所を出、気になった次郎はその後を追って帰宅した。行くところの無い真弓は次郎の住んでいるアパートで厄介になる。

ある日次郎と真弓は川崎のフェリー乗り場でデートした。そこで彼女の良き過去の思いでを語り、そこで彼女は「やくざって強くてかっこいいじゃん。」と言うと次郎は「俺も花井の兄貴みたいになってよ、ばっちり金儲けしてさ、おめーさんに小さな店の一軒でも持たせてやりてーよ。」と夢を言った。真弓は感激したが、彼女自身、心の中で一抹の不安を感じていた。

佐伯港運の殴りこみに失敗した郷田組は郷田組のチンピラを1人殺し、佐伯港運に脅しをかけようとした。この殺されたチンピラが花井の子分だったため、花井とその残った子分はとうとう関東連合会に吸収された郷田組に愛想をついた。それによって彼等は命を狙われる。次郎はこれにより、真弓を岩手へ返そうと決意し、川崎駅へ見送りに行き、そこで次郎は「後で俺も岩手へ行くからそこで一緒に暮らそう。」と言った。真弓は次郎との別れを悲しみ、電車に乗り込んだ。次郎は川崎駅を出たところで殺される。
  
   次郎と真弓の別れの場面

その他

当時モップスに属していた鈴木ヒロミツの出演
ゴーゴー喫茶の場面で、ザ・モップスが演奏しているが、後に多くのバラエティー番組などに出演し、2007年3月に惜しくも亡くなられた鈴木ヒロミツが出演していた。(下の写真)演奏していた曲の歌詞は彼が作ったものだ(歌っているのを聞くと、英語の歌詞だが)。ストレートの長髪と銀縁のトンボ眼鏡を見ると、鈴木ヒロミツはジョン・レノンの真似をしていたのではないか。


大浜詩郎の出演場面
この映画のずっと後の1973年に「ダイヤモンドアイ」のヒーロー雷光太郎として出演する大浜詩郎はこの映画でははじめのほんの1シーンしか出てこなかった。ここで可笑しかったのは下の写真。彼はどうゆう訳か人形を顔に付けていた。
  
         右端が大浜詩郎

斬り込み TOPへ

HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 
高樹蓉子との主な共演者集 高樹蓉子の写真集
 旅の館 高樹蓉子のビデオ、DVD集