女の手配師 池袋の夜(1969年)
主な映画作品
INDEX
ザ・スパイダースのバリ島珍道中
あゝひめゆりの塔
夜の最前線 女狩り
女の警察
無頼 殺せ
私が棄てた女
女の手配師 池袋の夜
女の警察 国際線待合室
斬り込み
鮮血の記録
怪談 昇り竜
あしたのジョー
大幹部 ケリをつけろ
野良猫ロック セックス・ハンター
新宿アウトロー ぶっ飛ばせ
男の世界
嫉妬
日本妖怪伝 サトリ
HOME
サイトマップ
映画作品一覧
主なテレビ作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集

目次
Introduction
高樹蓉子の役
主な登場人物
あらすじ
その他
              

Introduction
1969年の「夜の最前線シリーズ」は主役に和田浩治を主役に置いているが、この作品も同じ主役で内容的にも良く似ている。題名は青江三奈のヒット曲から取っている。
女の手配師とはコールガールをまとめる人を言い、この作品では池袋で中村耕平(桑山正一)と藤本梨花(奈良あけみ)が組織する「ハト派」の手配師と近藤朝夫(郷えい治)らの暴力団が組織する「タカ派」の手配師の争いを描いている。主人公の椎名修治(和田浩治)は「ハト派」に属し、何かと「タカ派」の連中と対立していた。
なお、これも「夜の最前線 女狩り」と同様にセックス描写が多いため、成人向け。
この内容に関しては今のところ再上映はされていないため、プレスシートと台本を基に書いた。

高樹蓉子の役
高樹蓉子が「新人明記」された3作目の作品。高樹蓉子の役名は幸子で、以前は純真無垢で地味なデパートガールだったが、「ハト派」の中村耕平によりスカウトされ、さらに女に磨きをかけられ、藤本梨花によって高級コールガールに仕立て上げられる。

主な登場人物
和田浩治:椎名修治役。マンモスバー「キャッスル」でバーテンとして働いている。父親の影響からか夜遊びをしている女のガールハントが得意で、将来はコールガールのアパートを作ることを考えていた。「ハト派」の手配師の中村耕平を師と仰いでいる。彼がハントした秋子(彼女は耕平の娘だが耕平が病院に運ばれる前は彼自身、娘だとは知らない)をコールガールにしようと企んだ。
鈴木やすし:高井庄介役。ヨーロッパを放浪し、ヨーロッパのコールガールの事情に詳しく、日本でコールガール復活運動をしている青年。椎名とは意気投合し、コールガール組織を新たに立ち上げようとした。
郷えい治:近藤朝夫役。暴力団のチンピラで、「すみれクラブ」という質の悪いデートクラブを組織していた。質が悪いため、多くの客はキャンセルするが、そのキャンセル料がバカ高い。彼自身もコールガール組織を持ちたかったため、何かと「ハト派」の連中を襲う。特に中村耕平の質の良いコールガールの情報が載っている手帳が欲しい「タカ派」だった。子分にサブとテツらがいる。
集三枝子:中村秋子役。中村耕平を父に持つ池袋の美容室で美容師として働いている。椎名は彼女が好きになるが、初め彼女は椎名が好きではなかったが少しずつ心を明かす。父がコールガールの斡旋をしていたため、何かと「タカ派」の近藤朝夫に脅される。父の死後、父の故郷に戻る。
桑山正一:中村耕平役。秋子の父親で、表向きは観光案内や池袋で大人の玩具店を経営しているが、昔から質の高いコールガールの斡旋も手掛けていた。その情報が書き込まれた手帳を朝夫らに狙われ、ついには盗られ、脳溢血で死亡する。
奈良あけみ:藤本梨花役。池袋の連れ込みホテル(ラブホテル)「花園」の経営者。以前はコールガールをしていた。中村耕平を尊敬し、彼の手伝いを良く引き受けていた。若い椎名を何かと手玉にする。
青江三奈:エリ子役。マンモスバー「キャッスル」の専属歌手で、ガールハントのうまい椎名がくどき落とそうとするがなかなか乗らない。
藤田憲子(現紀子):朱実役。椎名がガールハントし、マンションの1室で一夜を過ごした女。
その他にやらしい部長に谷村昌彦、それに由利徹などが出演している。
戻る

あらすじ
椎名修治は朱実を引っ掛けうまくいった。これを聞きつけた近藤朝夫は自分のシマが荒らされるのを恐れ、椎名を襲うが逃げられた。
コールガールに興味のある高井庄介はある日朝夫が所有しているすみれクラブに電話をかけるが、女が気に入らなく、キャンセルするが、多額のキャンセル料を請求され、ショックを受け、バーキャッスルで椎名と話しているうちに意気投合する。椎名はそこで秋子を見つける。椎名はゴーゴーバーでマリにハントされるが、ホテルに一緒に一夜を過ごした後、マリに財布を盗まれ、そこの経営者の梨花に出会い、秘密パーティーを持ちかけられ、結局うまくいかず、梨花にキャンセル料を要求される。
朝夫は秋子の美容室を訪ね、秋子の父親から秘密の手帳を盗み出すよう脅す。しかしながら彼女は知らん顔する。
ある日梨花は彼女が尊敬する手配師の中村耕平を椎名に紹介する。椎名は耕平に会い、早速古い豪邸でハーフのチコに出会う。椎名はその優雅さに惚れ、耕平に弟子入りを申し出るが断られる。ある日耕平が朝夫らに襲われ、椎名が耕平を助けたことにより、椎名は耕平の弟子入りする。そこで耕平は初心な幸子を引っ掛け、コールガールにさせる。
ある日秋子は朝夫らにつかまり、椎名が彼女を取り戻したことにより、急速に二人は接近する。
次に朝夫らは耕平を襲い、秘密の手帳を盗み取る。耕平はこの時脳溢血で倒れ病院に運ばれる。この時初めて椎名は秋子が耕平の娘だったことを知る。
朝夫らは女を集めコールガール組織を作ろうと企んだが、椎名らにつぶされる。
秋子は耕平が死んだことにより、耕平の故郷の山形に戻る。椎名は池袋でまた同様な生活を送る。
戻る

その他
・この映画以降、藤田憲子は彼女のアパートに不審者が侵入したとことにより貴ノ花の家に厄介になる。これにより日活の専属の話とこれ以降の映画の話が無くなり、貴ノ花との結婚へと突き進む。貴ノ花との結婚がなかったら多分、数年で女優を辞め、普通の家庭に収まっていた思われる。ちなみに貴ノ花とは幕下以下以来から付き合っており、ラブレターのやり取りをしていたが、それを先輩に見つかり部屋の皆の前で読まされたとのこと。
・監督は武田一成だが、彼はこの映画が事実上初めての監督作品になった。その前は1967年に「関東も広おござんす」の監督が死亡したことにより監督代理で手掛けている。この後、日活映画で3作品監督をした後、日活ロマンポルノでも数作品監督をしている。
・高樹蓉子は1969年新人明記で3回出演した以外は端役ばかりで作品に恵まれなかった。日活はこの年大手5社の中で最も興行成績が振るわなかった。正直、映画に新鮮味が無くなり、新人をきちんと出演させなかったのが原因と思われる。
戻る

高樹蓉子HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 高樹蓉子との主な共演者集 高樹蓉子の写真集 旅の館  高樹蓉子のビデオ、DVD集 
西恵子&隅田和世HOME